株式会社オーキッド

レーザーカット

弊社では、抜き型ではなく、レーザーカットにて裁断を行っております。

細かく、人の手ではカットできないようなデザインなどの場合は、このようなレーザーカットを使用して、ワッペンの裁断等を行っております。

高周波を使用し、熱によるカットなので、生地のほつれなどを防止します。

CCDカメラを駆使し、より精密なカットラインでの加工を行っております。

自動でトンボを読み取ることが可能なので、人の目だはなく、機械のセンサー技術にて加工を行っております。

弊社の実用新案を取得しております、せと刺繍ワッペンのカット前の写真です。

レーザーカットを使用して、カットする事によって、人の手では切れない、毛先のはね具合なども、再現ができます。

レーザーカットでは、今までのように抜き型を作る必要もなく、データでカットができるようになります。

バリエーションも豊かに広げることができますので、1つのデザインを流用して、製品を展開する事も可能となります。

生地の裁断だけでも楽しむことができます。

アップリケ加工と言うのは、このように裁断した生地をパーツにして、輪郭などを刺繍で縫いつける加工方法です。

そこに+アルファで刺繍を上から行うのも、インパクトのある刺繍の仕上がりになります。